大手派遣会社一覧

■スタッフサービス

スタッフサービス

派遣業界での売上高No1企業です。
とにかく求人数が多いので、業種・職種・地域に関わらず働き口の相談を出来る頼もしいところ。
登録スタッフによる評判は賛否両論で、担当者による紹介レベルの差がある模様。
派遣会社の取り分(マージン)が低いので、派遣スタッフの金銭的モチベーションが上がりやすい仕組みなのは好評。

■テンプスタッフ

テンプスタッフ

派遣業界での売上高No2の企業です。
創業者であり現社長でもある篠原氏が女性という事もあり、働く女性に対するバックアップ体制が整っているのが特徴。
登録スタッフによる評判は、子育て支援制度やブランクのある主婦に対する職場復帰支援プログラムが良いという声が多かったです

■リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

派遣スタッフ向け満足度調査で上位常連のリクルートスタッフィング。
社員教育が行き届いているようで、営業担当者のレベルが一定に保たれているのが特徴。
登録スタッフによる評判は、紹介予定派遣を利用して上場企業へ就職するならリクルートが一番良いという噂です。
親会社の情報網も活用して幅広い会社で活躍できる道があるようです。

■ランスタッド(旧フジスタッフ)

ランスタッド

日本での実績豊富なフジスタッフと世界最大級の人材サービス会社ランスタッドが統合された会社。
コンサルタント2名が担当としてサポートしてくれる手厚いフォロー体制が特徴。
登録スタッフによる評判は、キャリアプランに関する指導が良いという声が多かったです。
また、外資系企業英語を活かした仕事を探すならココが一番いいという口コミもありました。

■パソナ

パソナ

派遣会社の草分け的存在のパソナ。
農業分野への雇用促進や障害者の積極採用などユニークな視点で人材派遣業を行っているのが特徴。
登録スタッフによる評判は、有資格者には手厚く未経験者には冷たいという意見が多かったです。

■インテリジェンス

インテリジェンス

リクルートと同じように総合人材会社として成長著しいインテリジェンス。
規模感では準大手という位置づけになりますが、首都圏に限った求人数では大手各社に引けを取りません。
登録スタッフによる評判は、時給単価が高めであるという点と研修制度が充実しているという印象を持っている人が多勢でした。

■アデコ

アデコ

外資系人材紹介会社のアデコ。
働く人の志向性よりもデータマッチングを中心とした企業紹介をする派遣会社です。
登録スタッフによる評判は、研修や福利厚生が気に入っているという人が多かったです。

登録するなら大手派遣会社が良い理由

派遣会社は、日本全国に数百あるといわれています。
当編集部が数ある会社の中から大手派遣会社だけをおススメする理由は、働く人の立場を徹底的に守りたい為です。

大手派遣会社を選ぶ最大の理由の一つに、社会保険制度完備や福利厚生だと思っている人が大勢います。
確かにこれらの事はとても大事です。
制度が整っていない中小派遣会社では、もしもの時に保障を受けらません。
最悪のケースでは、訴訟トラブルにまで発展しているようです。

ただ、もう一点とても重要な事を見落としがちなのでお伝えしておきます。
それは派遣登録者のキャリアです。
派遣社員の仕事の評価は、派遣先企業の上司が決めます。
当然、派遣先企業から派遣会社へのフィードバックがあり、そのデータが派遣会社に蓄積されます。

ここが最も大事なので繰り返しますが、派遣社員の成績は派遣会社にしか蓄積されないのです。

派遣会社ではこのデータを基にして、次回以降の派遣先企業を紹介します。
当然、職場での評価が高かった人に対しては、他の登録者より優先的に好条件の仕事を紹介します。
そして次の職場でもまた高評価を得たら、派遣会社にとっては非常に大切なスタッフとして特別待遇で扱われます。

ただ、これが中小規模の派遣会社だとそうはいきません。
絶対的な案件数が少ないので、仕事の選り好みなどしてられないのです。
契約期間という都合だけで、空席のある職場へ送り込まれます。
だからどんなに頑張っても、なかなか良い職場に巡り会う事が出来ません。
そのうち精神的に疲弊してしまい、派遣社員としての限界を感じる人が多いのです。

コーディネーター(営業担当者)の本音を暴露

大手派遣会社には、超優良企業~ブラック企業まで様々な求人要望が集まります。
営利企業である派遣会社は、ブラック企業だからといって人材派遣を断る事はめったにありません。
そうなると必然的に下記のような図式が成り立ってしまうのです。

超優良企業・・・前職で評判の良かったスタッフを紹介
普通の企業・・・評判の良かったスタッフ+新規登録者に紹介
ブラック企業・・・評判の悪かったスタッフ+ネットで広く公募

コーディネーターの本音を暴露してしまうと、評判の悪いスタッフには辞めて貰っても構わない。
でも成績優秀な派遣社員には、長く自社の派遣スタッフとして働いて欲しいのです。
だから、ある一部の派遣スタッフだけ特別待遇する事もあるのです。

企業への貢献を一番に考える事が派遣キャリアの構築につながる

いままで述べてきた事を時系列でまとめてみたのでご覧ください。

①初めに与えられた職場で全力投球
    ↓
②派遣先企業から高評価を得る
    ↓
③登録先派遣会社で優秀人物と認定
    ↓
④次回は好条件が確約されている職場を紹介してもらえる
    ↓
⑤働きやすい職場の為、再度高評価を貰いやすく、実際に高評価を貰う
    ↓
⑥派遣会社として絶対に手放したくないスタッフと認定され特別待遇になる

このように良い方向に廻りはじめると派遣生活は安泰です。
50代になっても仕事が途切れることなく、常にハツラツと仕事をしている派遣社員は間違いなくこのパターンです。

偏見と噂が渦巻く派遣業界

派遣会社の評判や口コミを調べていると、「○○会社の対応は酷い」や「□□会社は全く連絡がない」とか「△△会社はマージンを取り過ぎている」といった実名をあげての悪口が掲示板に書き込まれているケースが多いです。
真相は定かではないですが、派遣会社の対応の悪さに精神的被害を被った人もいるようです。

ただ、ここまでこのページをご覧になっていただいた人であれば、すぐに気が付きますよね。
そうです!
そのような書き込みをしている人達は、残念ながら派遣会社から不要と判断されてしまった人達なのです。

取扱い求人件数が多い大手派遣会社であればある程、そのようなネガティブな反応も多くなるでしょう。
ただその一方で、超優良案件を渡り歩いて充実した派遣生活を送っている人達も同じ派遣会社に登録しているのです。

どちら側の待遇になるかは、あなた次第なのです。
せめて、良い待遇と悪い待遇の両方の可能性がある大手派遣会社へ登録するのがおススメなのです。

冒頭で取り上げた大手派遣会社一覧は、求人件数が多い(=良い待遇になる可能性も高い)順番に並べてあります。
各企業のHPをチェックして、まずは1社目の仕事を頑張ってみましょう!

このページの先頭へ