絶対に覚えておくべき2つの条件

非正規雇用者が社会保険(健康保険+年金)に加入できる条件は次の2つです。
どちらか一方だけではなく両方が当てはまる必要があります。

「2カ月以上の契約期間」

「労働時間が正社員の4分の3以上」

この条件は派遣社員でも契約社員でもフリーターでも、全ての労働者に当てはまる共通事項です。

一般的な正社員は1週間に8時間×5日間=40時間働くものと決められています。
そして40時間の4分の3ということは30時間。
つまり1週間に30時間労働という目安が、社会保険への加入条件だと覚えておきましょう。

①契約社員の場合

契約社員

正社員とほぼ同じ勤務体系をこなす契約社員には、当然社会保険への加入権利があります。
ただしいくら権利があるといっても、会社側で加入させる意志がない場合はどうにもなりません。

気をつけるべきなのは、求人広告では正社員で募集しておきながら契約社員として内定を出す会社。
そして、「契約社員だから社会保険はないんだぞ」というもっともらしい理由をつけて社会保険料の負担を減らそうとするケース。
この手口で採用している会社は、かなりの確率でブラック企業の確率が高いので、例え内定が出たとしてもそのような企業は避けましょう。

②派遣社員の場合

大手派遣会社であれば社会保険完備が当たり前。
だから派遣登録して仕事が決まれば、厚生年金や健康保険組合へ自動的に加入出来ます。

注意点すべきポイントは、派遣契約が終了した時。
厳密には、派遣契約が終了すれば社会保険も終了します。
でも、これだと派遣先が変わる毎に手続きが面倒。

だから派遣会社によって色々と優遇措置がとられています。
例えば、次の派遣先が決まっている場合は、仕事をしていない期間も今まで通り社会保険を継続してくれるケースもあるのです。

対応は各社様々なので、派遣登録会の時に確認するのがベストです。

③フリーターの場合

フリーター

アルバイトだから社会保険には加入できないと思っている人が多いようですが、そんなことはありません。
「2カ月以上の契約期間」&「労働時間が正社員の4分の3以上」をクリアしていれば、ちゃんと権利があります。

ただし、雇い主からすると、社会保険コストが余分にかかるので、できれば加入させたくないのです。
そのような場合は、自ら国民健康保険と国民年金の手続きをするしかないですね。

でも、年収300万円以下の人にとっては、国保より企業の社会保険に入れてもらった方が金銭的負担が軽く済むケースが多いです。
知らないと損してしまうので、このページの内容をしっかりと勉強して覚えておきましょう。

このページの先頭へ