気になるテレアポバイトの実態

シフト自由・髪型服装自由・高時給の3拍子が揃ってる

コールセンターで働く人

時給が高い事を最優先してアルバイト求人誌で仕事を探すと、必ずといっていいほどテレアポ(テレフォンアポインター)の求人が複数出てきます。

しかも、「出勤日自由・働けるときだけ働いてください」とか「服装・髪型自由(茶髪&ピアスOK)」など、とにかく働く側にとって条件の良い言葉が並んでいます。

ハッキリ言ってしまえば、テレアポバイトは高時給で自由な仕事。
これには何か事情があるのではないか?

そこで実際にコールセンターで、2年間テレアポバイトを続けている人に仕事の実態を聞いてみました。

コールセンターでアルバイトを続けている人にインタビュー

【質問】
現在の時給はいくらですか?

【回答】
1,700円です。
初めは時給1,300円でしたが・・・
半年毎に時給が上がり、今では時給1,700円になりました。

【質問】
どれくらい働いていますか?

【回答】
シフトは自己申告制なのでスケジュール調整は自由になります。
私の場合は週3日ぐらい働いていて、平均すると1日5時間前後というケースが多いです。
だから普段のバイト代は、月の収入で10万円ちょっとです。

お金がピンチの時は、土日に10時間働くという事もあります。
そのような時は、バイト代で月20万円を超えます。
急にお金が必要になった時にたくさん働けるのも魅力の一つです。

【質問】
具体的にどのような仕事をしているのですか?

【回答】
まずは商品説明の事前研修を受けます。
その後、名簿リストと応対マニュアルを渡されるので、それにしたがって電話を掛けます。
そして、その商品に興味のある見込み客を見つけるのが主な仕事です。

【質問】
紹介する商品って何ですか?

【回答】
テレアポで紹介する商品はその都度変わるのですが、今は小学生向けの家庭用学習教材です。
過去に実施した商品は、携帯電話や光回線の契約乗り換え案内だったり、塾の申込み案内もありました。

【質問】
見込み客が見つかったらどうするのですか?

【回答】
パソコンで名簿リストにチェックをつけ、興味があるという内容のコメントを書き込みます。
私の仕事はそこまでです。
その後は社員さんがその見込み客に対して営業するようです。

【質問】
見込み客ってすぐに見つかるのですか?

【回答】
見込み客が見つかるか否かは、商品内容と名簿リストの質に左右されることが大きいです。
駄目な時は100件電話をかけても1件も取れない時もあります。
良い時は3件に1件ぐらい興味を持って話を聞いてもらえます。

【質問】
見込み客が見つからなかった場合はどうなるのですか?

【回答】
全くお客さんが見つからなかった日でも、とくに罰則などはないです。
元々ノルマもありません。
ただ、同じ条件で複数のアルバイトが電話をかけているので、あきらかに見込み客発掘率が悪いアルバイトは指導を受けて再研修になります。

【質問】
テレアポバイトって電話を掛けるだけだから体力的には楽だと思うのですが、何で他の仕事より時給が高いと思いますか?

【回答】
それはアルバイトの定着率が悪い事だと思います。
あと、短期間で数十人増員させなければならない大型案件の時は、かなり好条件で求人募集をかけています。

【質問】
何故アルバイトの定着率が悪いのですか?

【回答】
精神的に弱い人には向かないバイトだからです。
名簿リストに沿って電話をかけても、ガチャ切りされる事のほうが圧倒的多いです。
初めての人はこれに凹みます。

【質問】
ガチャ切り対策ってあるのですか?

【回答】
ないです。
敢えて言うならば気にしない事。
突然電話をかけているのだから、電話を切られて当たり前という割り切りが必要です。
それを乗り越えられなければ、テレアポバイトは勤まりません。

【質問】
良い条件のテレアポバイトってどうやって探したらいいですか?

【回答】
まずは派遣会社への登録です。
私のように週3日ぐらい働けるのであれば、派遣会社で色々なテレアポの仕事があります。
そしてアルバイト求人誌で探すより、時給は高めだし契約終了後もより良い条件の仕事を紹介してもらえます。
フリーターだけでなく学生や会社員の人も、夜7時頃~11時頃まで働いている人が多いです。

そして、週1日程度しかバイトできないのであれば、アルバイト求人サイトで見つけましょう。
その場合は、複数のテレアポバイトに申し込んで、何日間か働いてみるのが良いです。
相性の良いコールセンターで長く続けると時給が上がっていくものです。

このページの先頭へ